インプラントと他の治療との比較

他の補綴治療との比較

他の補綴治療との比較

インプラント治療と他の治療の違いについてご説明します。それぞれのメリットとデメリットをご説明していますので、入れ歯やブリッジをお使いの方やインプラント治療をお考えの方はぜひご参考にしてください。

  メリット デメリット

インプラント

インプラント

  • 自分の歯のような感覚で噛める
  • 周囲の歯を削らなくて済む
  • 見た目が自然
  • 顎の骨がやせるのを防ぐ
  • 抜歯と同程度の手術が必要
  • 全身疾患(重度の糖尿病など)がある場合は治療できない
  • 治療費用が高い

ブリッジ

ブリッジ

  • 補綴物を選べば見た目は良好
  • 入れ歯に比べ、食感や味覚に違和感が少ない
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支えになる歯の負担が大きい
  • 抜けた歯の部分の顎の骨が、やせていく
  • 食べカスが詰まりやすい

入れ歯

入れ歯

  • 比較的簡単な処置で済む
  • 治療費用が安い
  • 口の中で動くことがあり、痛みがともなうことがある
  • 食べカスが詰まりやすい
  • 口腔内が不衛生になりやすい
  • 発音がしづらくなることがある
  • 取り外して手入れをする必要がある

何もしない(放置)

  • なし
  • 抜けた歯の周囲の歯が動いてしまう
  • 噛み合う歯が浮いて弱くなる
  • 噛む機能が低下する
  • 発音に障害がでる
  • 見た目が悪い
  • 顎の骨がやせる

他の補綴治療との比較

上記からわかる通り、インプラントは入れ歯やブリッジに比べ見た目に優れ、機能性が高いのが特徴です。費用は割高になりますが毎日の食事や会話を楽しむことを考えれば、一概に「高い」とはいいきれないでしょう。特に以下のようにお考えの方には、インプラント治療をおすすめします。

このような方におすすめ

インプラント治療についてさらにくわしく知りたい方はこちらをご覧ください。

  • ページの上部に戻る