インプラント

インプラントの概要とメリット

インプラントの概要とメリット

インプラント治療は歯を失ったときに行う治療のひとつ。入れ歯やブリッジに並ぶ補綴治療として扱う歯科医院が増え、治療を受ける患者様も増えています。100%に近い純チタンでできた人工歯根(インプラント体)を歯のなくなった部分の骨に埋め込み、その上から人工歯を被せることで咀嚼力を回復。インプラントを用いることで、ご自身の歯と同等の噛み心地が得られます。

インプラントと入れ歯・ブリッジとの比較はこちら

インプラントのメリット

インプラントのメリット

  • 他の歯を支えにしたり削ったりする必要がない
  • 強固に固定されるため、硬いものもしっかり噛める
  • ほとんどの場合セラミックを用いた人工歯を被せるため、自然な見た目になる

インプラント相談:無料
当センター価格:インプラント埋入(1本)18万円~(価格は税込みです)

費用について詳しくはこちら

インプラント治療の流れ

初診・カウンセリング

初診・カウンセリング

治療の内容や期間、治療上の注意点、治療後のメインテナンスにいたるまで、しっかりとしたご説明を行い患者様の不安を解消します。

  • ワックスアップ
  • サージカルステント
  • 術前院内CT撮影
ワックスアップ・サージカルステント・術前院内CT撮影について詳しくはこちら

診査・診断
レントゲン写真・口腔内写真の撮影を行い、噛み合わせや全身状態をチェックします。必要な場合はCT撮影を行い、診査結果を総合してインプラント治療が可能かどうか判断し、治療計画を立てます。

埋入手術

埋入手術

治療計画にもとづいて埋入手術を行います。患者様に合ったインプラントを選択し、顎の骨に人工歯根を埋入します。

  • 静脈内鎮静法(麻酔法)
静脈内鎮静法(麻酔法)について詳しくはこちら

治療期間
人工歯根と顎の骨が結合するまで待ちます。顎の骨の状態にもよりますが、通常2~4ヶ月くらいです。

人工歯の作製と装着
歯肉の形が整った時点で口腔内の型を採り、色や形を他の歯に合わせた人工歯を作製し、装着します。

メインテナンス・定期検診
インプラントを長く使っていただくために、毎食後に行う適切なブラッシング法を覚えていただきます。その後は2~4ヶ月程度に1回の定期検診を行い、インプラントや噛み合わせ、人工歯の状態をチェックします。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

ヒーリングアバットメントやカバースクリューの接続の確認など、細かい治療時に使用しています。

術前院内CT撮影

顎の骨の量が不足している可能性が高い場合に行います。顎の骨や神経の様子が精密に把握でき、骨の移植や骨再生療法が必要かどうかを正確に判定できます。

静脈内鎮静法(麻酔法)

鎮静作用がある点滴薬を血管に投与し、高い鎮静効果を得られる麻酔法です。手術に対して強い恐怖心や不安感をお持ちの方に適した方法です。

  • ページの上部に戻る